眼科の求人情報

眼科の求人情報

◆眼科医は多いのか!?

“医師不足”がクローズアップされている一方で、“医師偏在”が糾弾される診療科目として、皮膚科と並び眼科が挙げられます。

このマスメディアの報道を受けて、都市部では
「確かに、歯科、皮膚科のクリニックと並んで眼科が林立しているね」

このように頷くのに対し、田舎や過疎地域では対照的な意見が聞かれます。
「多いだって!?とんでもない。うちの町に眼科なんてものはなく、隣の隣の町まで行かないとないよ」

確かに、コンタクトレンズ一つ作るにしても、下手すれば都会にまで出かけないといけないケースすらあります。
医師不足が叫ばれる中で、本当に眼科医は多いのでしょうか?

◆都市部に集中

日本眼科学会の統計によると、眼科医の多いor少ない都道府県は下記のようになっています。 (いずれも、トップ3までであり、人口10万人の市を目安にしています)
TOP3 【1】東京 17.99 【2】大阪 14.53 【3】京都 13.86 WORST3 【1】埼玉 6.16 【2】青森 6.71 【3】茨城 6.99  
東京、大阪、京都はいずれも都会であり、街中でも総合病院内の眼科から、個人クリニックの眼科までさまざまです。

眼科医の求人は他科に比べると、求人は少ないですね。
都会では開業している医院やクリニックを目にしがちなので、独立開業しやすいイメージが先行しますが、実際は親の代からの病院を引き継いでいることが多いのです。
眼科は多くの器械を必要としますが、思ったほど患者数を獲得できません。
複合科を標榜しにくいということもありますので、コスト的にも総合病院の勤務医の方が無難なのです」
一念発起して開業に踏み切ったものの、経営難で閉業するクリニックや医院が後を絶たないとか。

元開業医で、今は総合病院勤務のベテラン眼科医のコメントでした。
「白内障や緑内障は糖尿病患者の合併症に見られる症状ですが、内科医と眼科医が連携して治療に当たらなければなりません。
総合病院では他科とのチームプレー力、そして、手術の症例数や所要時間が重視されます。
コンタクトレンズの求人で、常勤は案件が減少傾向にありますね。
どちらかと言えば、そちらは医師のスポットアルバイトの定番として移行しつつあります」

このように、眼科医の求人に対して、転職サイト側は分析しています。
また、眼科の新分野では、東京や大阪を中心にレ―シック手術を取り入れているクリニックが増加傾向にあり、時には2000万円以上の年収を提示されることすらあります。

ただ、レーザーによって近視・乱視・遠視を矯正するレ―シック手術は、まだ歴史の浅い手術法であり、患者の20年後、30年後を予測できないことから、踏み切れない医師も少なくありません。
眼科医の転職に有利な条件としては、各疾患の症例の豊富さ、手術の回数が決め手と言えるかもしれません。

↓ 眼科の求人をお探しの方にオススメの転職エージェント ↓

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■リクルートドクターズキャリアはタウンワーク、リクナビでおなじみリクルートグループ。
■転職サイト・人材紹介会社の役割は、いわばドクターと医療機関との“架け橋”です!
  その架け橋の頑丈さでは、リクルートドクターズキャリアはひけを取りません。
30年のキャリアと年間100万人以上の支援と実績を誇る老舗企業の信頼感は抜群!
■知識も経験も豊富なエージェントたちの“傾聴の姿勢”がまず、安心感を与えてくれます。
■お話・希望を聴いて、的確なアドバイスをしつつ、そのドクターに相応しい病院を紹介します。
  ――相手を包み込むような姿勢は余裕と自信、そしてプライドまで感じさせてくれます。


>>>公式申し込みページへ進む

>> 2位以降のランキングはこちらから <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2013 医師求人転職.jp【※人気の求人サイトをご紹介!】 All Rights Reserved.