外科の求人情報

外科の求人情報

◆発展した外科学

一口に“外科”と言っても、内容は多岐にわたり、古くから存在する外科の分野としては、下記6つが挙げられます。

・胸部外科学 ・心臓血管外科学 ・呼吸器外科学 ・一般外科学 ・消化器外科学 ・肛門学 ・小児外科学 ・内分泌外科学 ・乳腺外科学 ・食道外科学
その外科がさらに発展し、下記5つの外科学が新専門分野として独立しました。
脳神経外科学 (大脳・小脳・脊髄など) 整形外科学 (骨・間接・筋肉・脊椎) 形成外科学 (美容外科など) 泌尿器科学 (腎臓・泌尿器) 歯学・口腔医科学 (歯医者など)

外科の可能性は今後もさらに広がり、多くの人材が求められる市場と言えるでしょう。

◆病院ごとにニーズが偏在

医療ミス、医療過誤に代表されるように、責任の重大さから、未来の若手医師の外科離れが進んでいます。

たくさんの症例に触れ、たくさんの手術数をこなしていくことにより、専門性は高められ、新たな病院での交渉でも有利にはなるのですが、失敗の許されない領域だけに、若手医師の躊躇する様子が伺えます。
また、外科では熟練である上に、内視鏡を使った手術のできる先生が重宝され、求められています。
そして、手術が欠かせないことから

療養病院 > 民間病院 > 公立・市立病院 > 大学病院
のように、病院ごとの年収のひらきが特徴として見られます。
特に療養病院においては医療保険適用という、新分野が展開し始め、外科医のニーズはますます高まっています。

ここで気になるのが、大学病院における外科手術ですが、なぜ需要が一番低くなっているのでしょうか?
これには、内科や放射線治療の進歩によって、手術適用の事例が少なくなったことが挙げられます。

ですので、今後の外科医の活躍の場は、療養病院を中心に展開しそうです。

◆高まるニーズ―乳腺外科―

食事の欧米化、ストレス、晩婚化、独身などの影響により、女性の乳がんのリスクは年々上昇しています。

乳がん発生率は特に30代後半から40代にかけて多くなりますが、最近は若い女性にも発症することがあり、予断を許さない状況といえます。
そこで、乳腺外科の需要が高まりつつあるわけですが、東京、大阪などの大都市において、レディースクリニック、一般総合病院でも乳腺外科に力を入れている病院は売り手市場となっています。

ただし、乳がんは女性特有の病気であることから、医師は男性よりも女性が求められており、女医さんの携わるあらゆる診療科目においても注目が集められています。
最近の教育番組で、乳腺外科に携わる若手女医さんの特集がありましたが、医師を目指した動機が、お母様が乳がんだったからだそうです。

外科は数多の実践が要求されることから、鶏肉を用いた縫合練習をされていたようです。
「女性の医師は、結婚・出産・子育てのハンデがどうしても生じるので、従来は敬遠されがちでしたが、医師不足の切実な問題があり、働きやすい環境を整えなければなりません」

未来の医療を憂慮する学会の先生の一人もコメントされました。
女性の底力が外科医療において、新風を巻き起こそうとしています。

↓ 外科の求人をお探しの方にオススメの転職エージェント ↓

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■リクルートドクターズキャリアはタウンワーク、リクナビでおなじみリクルートグループ。
■転職サイト・人材紹介会社の役割は、いわばドクターと医療機関との“架け橋”です!
  その架け橋の頑丈さでは、リクルートドクターズキャリアはひけを取りません。
30年のキャリアと年間100万人以上の支援と実績を誇る老舗企業の信頼感は抜群!
■知識も経験も豊富なエージェントたちの“傾聴の姿勢”がまず、安心感を与えてくれます。
■お話・希望を聴いて、的確なアドバイスをしつつ、そのドクターに相応しい病院を紹介します。
  ――相手を包み込むような姿勢は余裕と自信、そしてプライドまで感じさせてくれます。


>>>公式申し込みページへ進む

>> 2位以降のランキングはこちらから <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2013 医師求人転職.jp【※人気の求人サイトをご紹介!】 All Rights Reserved.