皮膚科の求人情報

皮膚科の求人情報

◆マイペース派にピッタリ!?

皮膚は人体最大の臓器です。

医学生の間でも“一番分かりやすい臓器”とされ、取り掛かりやすい診療科目の一つとして注目されています。
医師の基本は問診・視診・触診・聴診が基本ですが、皮膚科医の場合は特に視診を命としています。
例えば、患者さんが湿疹に悩んでいるとして、喘息という既往歴があれば

「湿疹と喘息は紙一重ですからね。アレルギーが外に出るか、内に出るかのどちらかなんです」
とアドバイスし、点滴や薬を処方します。
また、既往歴もなく、問診によって胃の調子を崩していることが分かれば

「胃腸の状態も皮膚に出ますからね。胃潰瘍の薬の服用で治ることもあります。 4日間、朝昼晩と食後に服用してください。それで悪ければ、また来てくださいね」
というように、湿疹の根本原因を胃と捉え、胃潰瘍に用いる薬を処方します。

また、血液検査により、卵・大豆・小麦などのアレルギー原因を調べたりもします。
皮膚がんが疑われる場合で、早期の場合なら、小さな手術で済みますので、先生が自らメスをとることがあります。
このように、自己完結型で、マイペースでできることから、チーム医療が求められる外科と対照的立場として位置しています。

また、現場の先生によると、
「皮膚科医に必要なのは、顕微鏡とデイサージェリー器具,CO2レーザーくらいですね。多くの器械を必要とする眼科医に比べると雲泥の差ですよ」
このようなコメントが寄せられ、シンプルさを伺わせます。

◆美容外科・医療クリニックにも需要が

皮膚科医は人間の皮膚全般を扱うことから、あらゆるシーンで求められています。

特に女優や俳優を起用するエステや美容クリニックの分野においても皮膚科医は重宝されています。

特に、ホットなのが脱毛です。
そして、エステと医療クリニックの脱毛効果においては、クリニック側に軍配が上がります。

それは医療行為の認められている医師には、脱毛に使う照射出力の高いダイオードレーザーを扱うことが可能であり、毛根部が濃くて太いワキや、髭の脱毛にも高い効果を発揮します。
そして、エステティックサロンで使用されている、照射出力の弱いフラッシュ脱毛はクリニックではフォトフェイシャルとして扱われ、美顔に効果を上げています。
このように、皮膚科医は美容にも繋がることから、美容業界とのリンクも可能となっています。

「一つの臓器に徹底的に取り組むことができるのが、皮膚科であり、研究が続けられるのも、この科目だけなのです」
人間の皮膚の神秘に魅せられた医師はコメントします。
極めることができ、扱う器械も少ないので、比較的低コストで独立開業ができる皮膚科。

皮膚科医の求人は、あらゆる分野で需要が見込めることができそうです。

↓ 皮膚科の求人をお探しの方にオススメの転職エージェント ↓

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■リクルートドクターズキャリアはタウンワーク、リクナビでおなじみリクルートグループ。
■転職サイト・人材紹介会社の役割は、いわばドクターと医療機関との“架け橋”です!
  その架け橋の頑丈さでは、リクルートドクターズキャリアはひけを取りません。
30年のキャリアと年間100万人以上の支援と実績を誇る老舗企業の信頼感は抜群!
■知識も経験も豊富なエージェントたちの“傾聴の姿勢”がまず、安心感を与えてくれます。
■お話・希望を聴いて、的確なアドバイスをしつつ、そのドクターに相応しい病院を紹介します。
  ――相手を包み込むような姿勢は余裕と自信、そしてプライドまで感じさせてくれます。


>>>公式申し込みページへ進む

>> 2位以降のランキングはこちらから <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2013 医師求人転職.jp【※人気の求人サイトをご紹介!】 All Rights Reserved.