北海道の求人情報

北海道の求人情報

◆北海道に多い疾患・事故

北海道は日本の最北に位置し、日照時間も少なく、冬の寒さの厳しい土地です。

夏は短く、冬は長い。
自然と、住民は家にこもりがちになります。
その土地柄や気候風土、人々のライフスタイルも相まって、かかりやすい疾患も様々ですが、北海道に多い代表的な疾患や事故を下記にあげてみました。

■多発性硬化症 ■肺がん ■交通事故

まずは、交通事故から見ていきましょう。
交通事故については、47都道府県でも、北海道が1、2を争うほど、事故が頻発していると報告されています。
特徴は、雪深い冬は少なく、夏に多いとか。
この原因の一つに、北海道独特の道路事情が挙げられます。
果てしなく続く平原に直線道路。
道幅にも広さがあるために、スピード感覚が麻痺し、高速道路で犯しがちな“居眠り”をもよおすようです。
北海道の信号は足の悪いお年寄りが渡ることができるように設計されていることは他県でも有名な話ですね。

次に肺がんですが、日本たばこ産業全国たばこ喫煙率調査(2008・9地域別)によりますと、北海道女性の喫煙率が20%以上と報告されています。

もちろん、煙草は肺を冒すので、肺疾患の根本原因になり得ます。
男女ともに、北海道は喫煙率が、全国でも1、2を争うほどでしたが、近年では女性の喫煙風景が日常でも目立つようです。

最後は“多発性硬化症”という病気ですが、この名称になじみのない方も多いかもしれません。
比較的高緯度の地域の人がかかりやすい疾患であり、全国の患者数でも、北海道は約10%強を占めています。
中枢神経の病気の一種であり、気温の高い季節に手足の脱力、ふるえ、しびれなどが起き、他には疲労感、倦怠感、目のかすみ、眩暈などの諸症状が現れます。

多発性硬化症は神経内科の分野であり、神経内科医の需要が見込まれます
確かに患者ニーズはあるのですが、北海道における肝心の医師事情はどのようなものでしょうか?

◆北海道の医師求人事情

北海道の医師数は約12500人程度とされていますが、その1/3が札幌市内で勤務しており、偏在しています。

このことから、札幌市以外の過疎地域では、慢性的な医師不足にあえぐ状況が読みとれます。
当然、医師の求人も札幌市が中心の案件が集中しています。

人口10万人当たりに換算すると医師数は約200人。
これは日本全国でも最下位から5本の指に入り、先進諸国の約300人を下回ります。

求人サイトに掲載されている年収欄の相場は、一番下のランクが人工透析の450万円の他は1000〜2000万未満をキープしています。
大都市では2000万円以上の案件があるだけに、医師の年収は全国的にも低い水準といえるでしょう。
また、北海道の広大な地理的要素から、旅費や住宅を用意してくれる病院のあることも特徴として挙げられます。
札幌以外は移動の際に車が不可欠な地域も多いので、都会に慣れた医師はその辺りも考慮する必要があるでしょう。

↓ 北海道で求人をお探しの医師の方にオススメの転職エージェント ↓

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■リクルートドクターズキャリアはタウンワーク、リクナビでおなじみリクルートグループ。
■転職サイト・人材紹介会社の役割は、いわばドクターと医療機関との“架け橋”です!
  その架け橋の頑丈さでは、リクルートドクターズキャリアはひけを取りません。
30年のキャリアと年間100万人以上の支援と実績を誇る老舗企業の信頼感は抜群!
■知識も経験も豊富なエージェントたちの“傾聴の姿勢”がまず、安心感を与えてくれます。
■お話・希望を聴いて、的確なアドバイスをしつつ、そのドクターに相応しい病院を紹介します。
  ――相手を包み込むような姿勢は余裕と自信、そしてプライドまで感じさせてくれます。


>>>公式申し込みページへ進む

>> 2位以降のランキングはこちらから <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2013 医師求人転職.jp【※人気の求人サイトをご紹介!】 All Rights Reserved.