耳鼻咽喉科の求人情報

耳鼻咽喉科の求人情報

◆オールマイティー!?

「先生、下痢をしたので、薬をいただけませんか?」
「先生、風邪をひいたみたいで、喉が痛いです」
「先生、子供が鼻の穴に何かつめたみたいで、とってあげてもらえませんか?」
「先生、鼻が詰まって夜も眠れません」
「先生、胃がおかしいので、胃薬ください」

内容的に耳鼻咽喉科のような、でも下痢や胃酸過多って・・・。
信じられない話ですが、実は全部OKで、きちんと薬が処方されます。
“風邪のひき始めは耳鼻科、重くなったら内科”とはよく言われており、風邪のシーズンになると、ともすれば、内科よりも耳鼻科の方が患者さんが多いくらいですが、このように耳鼻咽喉科の先生はオールマイティーだったりします。

◆子供好きな先生が多い!?

総合病院内の耳鼻咽喉科は他の診療科目と同じ空間を保っているのですが、個人経営の耳鼻咽喉科の先生のクリニックには幼児向けの絵本やぬいぐるみが置いてあることがあります。

確かに、訪れる患者さんも小さな子供さんを連れた若いお母さんがいます。
そして、耳鼻咽喉科の先生の診察室には顕微鏡をはじめ、耳鏡、耳垢鉗子、耳用小鈎、吸引管、耳用水銃など、多くの器械や小道具が完備されています。

小さい子はもちろん、怖がって泣きわめくのですが、先生や看護師さんがなだめながら上手に治療していきます。
特に子供が好きな先生が経営するクリニックは若いお母さんの口コミで患者さんを呼ぶこともあり、「いつ行っても満員」ということがあります。

そして、病院やクリニックに勤める際においても、いかに子供さんや若いお母さんに受け入れられるかにかかってくるようです。

◆相場は年収1000〜2000万円

先生の求人情報を見てみると、耳鼻咽喉科の先生の年収相場は1000〜2000万円と大きくひらきがあります。

そして、総合病院においても耳鼻咽喉科の先生を常勤としているところは減少傾向にあり、先輩先生が医院やクリニックを立ち上げて、後輩医師たちを呼ぶケースが目立ちます

また、先生の求人よりも一際目を引くのが、看護師さんの求人です。
先生が男性である分、女性である看護師さんが小さい子を相手にしたり、泣いている子をなだめすかしたりする光景が見られます。
男性医師の多い中、ある耳鼻咽喉科の女医さんがコメントされました。

「耳鼻咽喉科は眼科・皮膚科に比べると女性が少ないですね。今でこそ、開業医をしていますが、若いお母さんや小さな子供さんの喜ぶ顔を直に診ることができるので、“小さな町医者も悪くないな”と感じています」
子供好きは、耳鼻咽喉科に携わる先生方の強みかもしれませんね。

↓ 耳鼻咽喉科の求人をお探しの方にオススメの転職エージェント ↓

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■リクルートドクターズキャリアはタウンワーク、リクナビでおなじみリクルートグループ。
■転職サイト・人材紹介会社の役割は、いわばドクターと医療機関との“架け橋”です!
  その架け橋の頑丈さでは、リクルートドクターズキャリアはひけを取りません。
30年のキャリアと年間100万人以上の支援と実績を誇る老舗企業の信頼感は抜群!
■知識も経験も豊富なエージェントたちの“傾聴の姿勢”がまず、安心感を与えてくれます。
■お話・希望を聴いて、的確なアドバイスをしつつ、そのドクターに相応しい病院を紹介します。
  ――相手を包み込むような姿勢は余裕と自信、そしてプライドまで感じさせてくれます。


>>>公式申し込みページへ進む

>> 2位以降のランキングはこちらから <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2013 医師求人転職.jp【※人気の求人サイトをご紹介!】 All Rights Reserved.