呼吸器内科の求人情報

呼吸器内科の求人情報

◆患者ニーズが多種多様

呼吸器内科は、その名称の通り、呼吸器全般を取り扱いますが、疾患は多種多様を極め、患者サイドのニーズもそのことに比例します。

肺炎、肺癌、気管支喘息、閉塞性肺疾患、びまん性肺疾患、慢性呼吸不全が代表的な例ですが、分野は感染性、腫瘍性、アレルギー性、肺の慢性的炎症、肺の循環機能によるものなどの要因が加わります。
そのため、病院の見極め、その病状に合った治療など、トータル的なケアが要求され、求められる専門スキルとレベルが高くなってきます。
このように、患者ニーズがいくらでも拡がる分野ではありますが、扱う内容が難しいことと、責任が重いことから、医学生の間でも敬遠されがちな分野ともいえます。

◆臨機応変な対応力が必要

「呼吸器内科は、疾患の種類が膨大で、患者さんの多くが慢性疾患です。 他科目との連携やコミュニケーション、患者さんをトータルケアできる力量が要求されます」

現役の呼吸内科医がコメントします。
慢性的な医師不足が深刻な影響を及ぼし、責任が重くなりがちな診療科目の医師の人手が足りないことから、呼吸器内科は縮小傾向にあるようです。
そして、転職サイトの呼吸器内科医の求人を見てみると、相場は1000〜2000万円と広範ではあるものの、1500万円台が目立ちました。
特に喘息治療に力を入れている病院は世間が縮小傾向にある中、その病院では呼吸器内科・外科ともに研究内容も充実しているようです。
喘息発作は特に早朝の4時台に発作が起きがちであり、重篤な発作になると、救急車での搬送が必要となります。
この応急処置時に対応するのは、意外にも他科の先生であることがあります。

そして、最終判断と治療は呼吸内科医が主導権を握ります。

このことから、呼吸内科医は切り札的役割であることが予測されます。
呼吸内科医の募集要項も、“当直なし”、“通勤便利”、“ゆったりと勤務可能です”など、利便性をうたう優遇ぶりが目立ちます。
「喘息患者の応急処置はマニュアルで徹底されていますから、内科でも、外科でも対応できますよ。ただ、通常で手に負えない時は、呼吸器の専門である先生に出てきてほしいですね」
裏付けるように、ドクターの一人がコメントします。

このように、高い専門性が求められる分野だけに、転職の際には、より有利な条件を求めることが可能のようです。

◆睡眠時無呼吸症候群の診断・治療

「電車を運行中に運転手が居眠り」

近年、新聞記事で取り上げられることから、居眠りの原因として睡眠時無呼吸症候群という症状がクローズアップされ始めました。
この病気は、働き盛りで、太り気味の男性に多く見られる症例ですが、ここでも呼吸内科医の診断と治療が必要となります。
呼吸器はストレスと密接な関係にあるだけに、今後も呼吸内科医の専門性と他科との連携力が求められるといえます。

↓ 呼吸器内科の求人をお探しの方にオススメの転職エージェント ↓

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■リクルートドクターズキャリアはタウンワーク、リクナビでおなじみリクルートグループ。
■転職サイト・人材紹介会社の役割は、いわばドクターと医療機関との“架け橋”です!
  その架け橋の頑丈さでは、リクルートドクターズキャリアはひけを取りません。
30年のキャリアと年間100万人以上の支援と実績を誇る老舗企業の信頼感は抜群!
■知識も経験も豊富なエージェントたちの“傾聴の姿勢”がまず、安心感を与えてくれます。
■お話・希望を聴いて、的確なアドバイスをしつつ、そのドクターに相応しい病院を紹介します。
  ――相手を包み込むような姿勢は余裕と自信、そしてプライドまで感じさせてくれます。


>>>公式申し込みページへ進む

>> 2位以降のランキングはこちらから <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2013 医師求人転職.jp【※人気の求人サイトをご紹介!】 All Rights Reserved.