内科の求人情報

内科の求人情報

◆医学生が選ぶ1

医学生や初期の研修医が憧れる診療科目として、下記がトップ3にあげられました。

【1位】内科 【2位】小児科 【3位】整形外科
内科の人気の高さが伺える結果ですね。
では、具体的には内科はどのような分野を扱うのでしょうか?

◆内科―ミクロ的医学―

外科が人体を全体としてパーツごとに認識することに対し(マクロ)、内科はそのパーツにスポットを当て、さらに病因を掘り下げていく、いわばミクロ的見地から成り立つ医学です。

そして、現在の内科学は下記11分野に大別されます。
循環器学 (心臓など循環器系) 消化器学 (胃腸など消化器全般) 呼吸器学 (肺など呼吸器全般) 内分泌学 (副腎など) 血液学 (白血球などの血液成分) 腎臓学 (腎臓を中心とした泌尿器) 神経学 (脳、神経、筋肉) 感染症学 (ヴィルスや免疫) リウマチ学 (膠原病) 心身医学(心的要因からくる内的疾患) 腫瘍学 (抗がん剤)

「一般内科は専門性というよりも、血液、消化器、内分泌、神経、腎臓など、とにかく何でも診察するという姿勢が大事です」
あるベテラン内科医はコメントします。

そして、医療のマルチであることから、他科からの転身も歓迎され、各病院からのオファーも絶え間なく存在します。
元々、内科学とは問診・診察・診断・治療をベースとする臨床医学を母体とし、症状が人体のあらゆる生体機能に及ぼす作用を追究しながら、原因の究明や病気の予防を講じてきた学問でした。

このことから、ある科が内科医に対して熱烈なアプローチを送っています。

◆G-Pネット

「最近、食欲がないんです。食べても、すぐに吐いてしまいます」
「会社に行くたびに、胃がしめつけられるように痛くなります」
「毎日が憂鬱で、何もする気がおきません」

このように、ストレス社会である日本は5人に1人が心身の不調を訴えています。
そして、日本人の自殺者は年間毎年3万人を超え、未遂の人の数を加えると、その10倍は超えると予想されています。

このことを背景に、精神病院のイメージも随分大衆化してきました。
一昔前は、精神重篤患者を象徴とする、重苦しく暗いイメージのあった精神病院ですが、最近では○○心療内科クリニック、●●心療内科医院など、明るく癒されるイメージとして様変わりしました。

そうです。
この“内科”がミソなのです。

うつ病患者の多い時代のニーズから、精神医学と内科学が力を合わせ、“G-Pネット”という連帯ネットワークが構築されたのです。
従来なら、お腹が痛いと言えば、お腹の薬を処方しましたが、身体の不調の裏には精神の及ぼす影響があると考えた根本治療に取り組む医療です。

そこで、精神を扱う分野において、内科医が求められ始めているわけです。

◆診療報酬の壁

日本は先進7カ国の中でも、GDPに対し、医療費の低い国であり、最低ラインに位置します。

これは高齢化の進む社会であるにも関わらず、特殊な例であり、医療を受ける側は恩恵にあずかることのできる反面、医療を施す側の慢性的なストレスを増幅させます。
外来や入院患者が多いにも関わらず、医師や看護師の数が追いつかない。
厳しい労働環境を強いられる科から比較的楽な科まで、診療報酬は国に一律に定められています。

「レベルの高い医療を目指そうにも、人材も資金も限られているのが現状であり、現実と理想のギャップから、優秀な若手医師が育ちにくい環境にあります」
医師同士が様々なアイディアを出し合い、連携し、新しい医療分野を築く。

精神科医と内科医が連携したG-Pネットもその一環ですが、やはり依然として診療報酬の低さが課題として残り、厚い壁として医師たちの前に立ちはだかります。

↓ 内科の求人をお探しの方にオススメの転職エージェント ↓

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■リクルートドクターズキャリアはタウンワーク、リクナビでおなじみリクルートグループ。
■転職サイト・人材紹介会社の役割は、いわばドクターと医療機関との“架け橋”です!
  その架け橋の頑丈さでは、リクルートドクターズキャリアはひけを取りません。
30年のキャリアと年間100万人以上の支援と実績を誇る老舗企業の信頼感は抜群!
■知識も経験も豊富なエージェントたちの“傾聴の姿勢”がまず、安心感を与えてくれます。
■お話・希望を聴いて、的確なアドバイスをしつつ、そのドクターに相応しい病院を紹介します。
  ――相手を包み込むような姿勢は余裕と自信、そしてプライドまで感じさせてくれます。


>>>公式申し込みページへ進む

>> 2位以降のランキングはこちらから <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2013 医師求人転職.jp【※人気の求人サイトをご紹介!】 All Rights Reserved.