大阪の求人情報

大阪の求人情報

◆大阪に多い疾患・事故

他県から来た人はまず、大阪の夏にやられるというほど、大阪の夏は厳しいです。

「熱気と湿気がすごくて、息ができません。まるでサウナです」
長年住んでいる地元の府民でさえ、毎年訪れる夏には慣れないとか。

特に都心部では、ヒートアイランド現象が凄まじく、日中も酷暑であれば、夜間も気温は下がらず、熱帯夜。
そして、突然に滝のような雨が降り、すぐに止みます。
何とも、神経をイラつかせる気候風土ですが、やはり地域環境は県民性やライフスタイルにも反映され、地域独自の疾患の性格が現れます。
“イラチ”、“短気”、“せっかち”“煙草&酒”というイメージの強い大阪ですが、疾患として顕著に現れているようです。

■心疾患 ■肺がん ■肝疾患 ■高血圧
そして、大阪はこの事故が全国でもワースト1なのです。
■飲酒運転による事故

大阪は西日本における経済・行政・文化・交通の中心であることから、他県出身者、外国人など様々な人が集まります。
一言に食生活だけでは済ませられない猥雑とも言える事情があり、県民性と相まって複雑な様相を生みだし、疾患・事故に繋がります。
よって、医師は精神科医と内科医が求められ、相互の連携が必要とされます。

◆大阪の医師求人事情

大阪府の医師求人案件を見ると、年収1000〜2000万円と幅があるものの、一定して1500万円以上のものがあるなど、比較的高額案件が目立ちます。

その中でも、アルコール依存症患者を専門とする病院の案件も存在し、G-Pネットに象徴される、内科医と精神科医との連携が必要不可欠となっています。
患者が飲酒をする背景には何があるのか?
何が患者を飲酒に駆り立てるのか?

医師たちには患者の病因の究明に対する姿勢が問われます。

「精神科医は特に、“共に勤務する内医師とのコミュニケーション力”、“医師としてのモチベーション”が問われます。なぜなら、患者の病気の背景には、必ず精神的要素が関わりますからね」
ある療養病院の院長がコメントしました。

精神科医の求人案件が多い地域は海に面し、緑や山に覆われる大阪南部となり、精神科医と連動するかのように、透析医も求められています。
また、大阪は南部と北部では交通事情が異なり、難波から北上するほど利便性が高まります。

大学も北部を中心に大阪大学医学部、大阪医科大学、関西医科大学と集中しており、各大学に近い医療機関は影響下にあります。

また、東の東京に対する西の経済の中心地であることから、大手企業の産業医の案件も見られ、好待遇な条件が掲げられています。
療養病院の院長ではないですが、転職を勝ち取るには、“意思疎通力”、“向上心”が不可欠といえそうです。

↓ 大阪で求人をお探しの医師の方にオススメの転職エージェント ↓

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■リクルートドクターズキャリアはタウンワーク、リクナビでおなじみリクルートグループ。
■転職サイト・人材紹介会社の役割は、いわばドクターと医療機関との“架け橋”です!
  その架け橋の頑丈さでは、リクルートドクターズキャリアはひけを取りません。
30年のキャリアと年間100万人以上の支援と実績を誇る老舗企業の信頼感は抜群!
■知識も経験も豊富なエージェントたちの“傾聴の姿勢”がまず、安心感を与えてくれます。
■お話・希望を聴いて、的確なアドバイスをしつつ、そのドクターに相応しい病院を紹介します。
  ――相手を包み込むような姿勢は余裕と自信、そしてプライドまで感じさせてくれます。


>>>公式申し込みページへ進む

>> 2位以降のランキングはこちらから <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2013 医師求人転職.jp【※人気の求人サイトをご紹介!】 All Rights Reserved.