整形外科の求人情報

整形外科の求人情報

◆脳神経外科からの転身!?

「脳神経外科医を10〜20年やっていました。元々、脳神経外科は整形外科に通じることが多く、現場を踏むごとに興味が抑えられなくなりました」

転職サイトのドクターの声を見ると、意外に脳神経外科から整形外科に転身するケースが多いようです。
そして、整形外科医といえば、“体育会系の先生”を連想する方も多く、元気かつダイナミックです。

「うちの息子がスポーツで、足をくじいたり、ひねったりしてよくお世話になるんですよ。先生も看護師さんも明るく、元気な方が多いので、気持ちがいいですね」
こちらは、ある整形外科医院でお世話になることの多いお母さんのコメントです。

そして、先生たちに学生時代の部活を聞いてみると、ラグビー、サッカー、野球、アメリカンフットボール、アイスホッケー、剣道などのスポーツを経験された方が大半を占めます。

「勉強は嫌いでしたが、スポーツは好きでしたね。スポーツをする間に、骨や筋肉を中心とした人体の仕組みに興味を持ったことが始まりでした」
将来の整形外科医を志す医学生もコメントします。

骨も筋肉も、きちんとケアすれば、再生が見えるし、回復する。
再生が難しい臓器を扱ってきただけに、元脳神経外科の先生は整形外科の明るく、元気な雰囲気と、再生の証が見える骨と筋肉に希望を見いだしたのかもしれません。

◆整形外科医=骨大工

一般的な手術の器械といえば、筋鉤、ペアン、コッヘルと思い浮かぶ先生も少なくないと思います。

しかし、整形外科の手術室は豪快な器械が居並びます。
ノミ、ハンマー、ノコ、ドリル、ドライバ、ネジ、釘、針金、セメント・・・。

一瞬、「これは大工さんの道具では?」と錯覚すらします。
人体の骨の中でも強固である脊椎、大腿骨をこれらのアイテムで切ったり、削ったり、叩いたりするのです。

そして、この豪快な器械を使わないことには骨はビクともしないので、力仕事、体力勝負的な要素も加わるのです。
「骨って不思議です。これらの器械を使うことによって、ズレていた骨が元通り真っ直ぐになったり、変形した骨が綺麗になったりと、整形外科の魅力は何と言っても、骨の再生力ですね」

嬉々として、臨床にのぞむ先生方も少なくないとか。
“医師不足”や“医療ミス”、“医療過誤”など重苦しい医療問題がのしかかる中、整形外科には光が見られます。

◆整形外科医の需要

整形外科といえば、若者のスポーツの怪我に代表されがちですが、お年寄りが増えていることから、関節炎やリウマチ疾患、骨粗鬆症などの疾患が年々増えています。

医師全体の求人は5割を占め、比較的明るい見通しです。
また、大規模病院と中小規模の病院とでは、求めている整形外科医が異なり、前者の場合は高度な専門性を要求した上での治療・診断・救急が求められ、後者の場合は主に救急に力が入れられているケースが多くなっています 。

↓ 整形外科の求人をお探しの方にオススメの転職エージェント ↓

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■リクルートドクターズキャリアはタウンワーク、リクナビでおなじみリクルートグループ。
■転職サイト・人材紹介会社の役割は、いわばドクターと医療機関との“架け橋”です!
  その架け橋の頑丈さでは、リクルートドクターズキャリアはひけを取りません。
30年のキャリアと年間100万人以上の支援と実績を誇る老舗企業の信頼感は抜群!
■知識も経験も豊富なエージェントたちの“傾聴の姿勢”がまず、安心感を与えてくれます。
■お話・希望を聴いて、的確なアドバイスをしつつ、そのドクターに相応しい病院を紹介します。
  ――相手を包み込むような姿勢は余裕と自信、そしてプライドまで感じさせてくれます。


>>>公式申し込みページへ進む

>> 2位以降のランキングはこちらから <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2013 医師求人転職.jp【※人気の求人サイトをご紹介!】 All Rights Reserved.