スポット医師の求人

スポット医師の求人

◆伸び悩む会社の給料

“週末社長”、“週末起業”、“週末副業”の言葉に代表されるように、現代はポートフォリオな働き方が一般化しつつあります。

もちろん、正社員は就業規則により副業は禁止ですが、そもそも、なぜ本業以外の仕事が必要になるのでしょうか?
「うちの会社の殆どが、派遣社員やバイトです。正社員は少数精鋭を求められているため、使えない社員は人件費削減の名目で、どんどんリストラされた時期がありました。
仕事の全部を派遣社員やバイトに任せるわけにもいかないし・・・そこで、今残っている社員で何とか切り盛りしているわけですが、やるべき業務は増えるばかり。
サービス残業は当たり前で、毎日毎日、業務に追われています。
給料は増えないのに、仕事量は増えるばかりで、週末は会社に内緒で、眠たい目をこすりながら、ネットで稼いでいます。
そうでもしないと、家族もいるし、現状の給料じゃ養っていけませんよ。それよりも、ここだけの話、会社そのものが分からないですからね」

こちらは、ある建築会社の総務課課長のコメントですが、会社の役職にある人ですら、副業をせざるを得ない実情をよく表わしています。
ポートフォリオといえば、派遣やバイトの人たちの仕事の掛け持ちが浮かびますが、

「正社員だと、会社のややこしい内部事情や、責任、煩わしい人間関係がつきまといます。なので、派遣という働き方を選びました。
一応、フルタイムですが、お給料も一定で増えることはありません。もっと稼ぐには掛け持ちで働くしかないのです」

ここでも、お給料に対する不安が見え隠れし、重い責任を回避しがちな現代人の性格が浮き彫りにされています。
また、高給取りのイメージが先行する医師においても、このことは決して“他人事”で済まされる話ではないのです。

◆スポット医師募集

医師の求人サイトでは、常勤・非常勤とともに、スポット医師が募集されています。

内容は、週末の日当直や当直、あるいは企業・民間を対象とした検診・健診、もしくは施設内の人間ドックなど、様々です。
主にスポットの仕事を求めているのは派遣医師ですが、「派遣先の病院の給料が思ったよりも低いから」というのが大きな理由の一つのようです。

「関東の相場は、日当直で13〜18万円、当直では5万円前後でした」
もちろん、相場は県や地域によっても異なります。

他にも、子育て中の女医さんや、クリニックや個人医院を開業しようとしている勤務医の繋ぎとしても、スポットは活用されています。
確かに安定とはかけ離れているものの、急患などで真夜中に呼び出されては睡眠を妨げられる心配もなく、煩わしい人間関係や、常に拘束されている束縛感を感じることもありません。

スポットの仕事は、スケジュールを自在に組むことができるのが最大のメリットといえるでしょう。

↓ スポットの求人をお探しの方にオススメの転職エージェント ↓

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■リクルートドクターズキャリアはタウンワーク、リクナビでおなじみリクルートグループ。
■転職サイト・人材紹介会社の役割は、いわばドクターと医療機関との“架け橋”です!
  その架け橋の頑丈さでは、リクルートドクターズキャリアはひけを取りません。
30年のキャリアと年間100万人以上の支援と実績を誇る老舗企業の信頼感は抜群!
■知識も経験も豊富なエージェントたちの“傾聴の姿勢”がまず、安心感を与えてくれます。
■お話・希望を聴いて、的確なアドバイスをしつつ、そのドクターに相応しい病院を紹介します。
  ――相手を包み込むような姿勢は余裕と自信、そしてプライドまで感じさせてくれます。


>>>公式申し込みページへ進む

>> 2位以降のランキングはこちらから <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2013 医師求人転職.jp【※人気の求人サイトをご紹介!】 All Rights Reserved.