小児科の求人情報

小児科の求人情報

◆子供がかかりやすい病気

子供のかかる伝染病として、下記の病気があげられます。

水ぼうそう⇒全身に水痘ができるウィルス感染症の一種で、9歳以下の子にかかりやすい。 おたふく風邪⇒耳下腺が腫れ、発熱を起こすウィルス感染症の一種。2〜12歳の子にかかりやすい。 手足口病⇒手足口に水痘が発生するウィルス性疾患。乳幼児に多い。 風疹⇒三日はしか。鼻水、咳、発熱、紅い発疹が出るウィルス感染症。 りんご病⇒悪寒、発熱、筋肉痛を伴う発疹だが、幼児は発疹のみのことが多い。ウィルス感染症。
伝染病は一度かかると抗体がつくために、免疫ができるものですが、このように、子供は大人に比べて免疫力が未成熟であるために様々な病気にかかりやすく、進行も早いです。

「朝、元気に幼稚園に送りだしたと思ったら、夜には急に高熱が出てぐったりしているので、慌ててしまいます」
子供を抱えてはパニック状態で病院に駆け込むお母さんが多いため、小児救急外来は欠かせません。
また、保育園や幼稚園、小学校などの集団生活になると、感染するリスクがどうしても高まります。

少子高齢化が進んで、子供が少なくなったとはいえ、未来を担う命がある限り、小児科医は欠かすことのできない大きな存在です。
あらゆる診療科目の中でも、産婦人科と小児科は特に患者の生死を左右する重大な立場にあるだけに、なり手が少なく、求人は熱烈とも言えるヒート状態です。
ですので、病院によっては前病院よりも有利な条件を提示されることがあり、需要は至るところにあるといえます。

◆志の高い人が多い

「小児科医は最もハードな現場の一つですよ。ハードな上に、医師も少ない。体力も気力もいる。
精神的にも、肉体的にも限界なのですが、医師だって人間です。
退院した患者さんが後日、“先生のお陰で、良くなりました。ありがとうございます”と感謝されたり、患者さんが温かい声かけ一つしてくれることで、救われるのです。
そんな時、“ああ、もう少し続けて頑張ってみよう”と思いますね。毎日がその繰り返しです」

あるベテラン小児科医がコメントされました。
医大生にアンケートをしたところによると、産婦人科医を目指したいという学生が140人に対し、小児科医の志望は100人だったとか。

「今、在籍する少ない医師だけでローテーションを回しているようなものです。 少しでも、機能的に回転するためには、若手の人材がますます必要なのです」
50を過ぎた現役医師もエールを贈ります。

「病院の待遇改善はもちろんのことですが、市政と地域住民の理解も大切です」
また、ある医師は現場の問題点に鋭く切り込みます。
日本の制度では診療報酬は厳しい現場から、比較的楽な現場まで一律に設定されていることが問題の一つとして指摘されています。
また、子供の容体は元気であったり、元気がなかったりと急変が激しく、翻弄されがちなお母さんがコンビニ受診に流れる傾向にあります。
そして、また別の医師が指摘します。

「不妊治療による、1000gの未熟児を正常児に育てていくのも、コンビニ受診とともに、重くのしかかる課題です」
若いお母さん方の医療現場への理解と協力が、小児科医の危急を救うといっても言い過ぎではなさそうです。

↓ 小児科の求人をお探しの方にオススメの転職エージェント ↓

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■リクルートドクターズキャリアはタウンワーク、リクナビでおなじみリクルートグループ。
■転職サイト・人材紹介会社の役割は、いわばドクターと医療機関との“架け橋”です!
  その架け橋の頑丈さでは、リクルートドクターズキャリアはひけを取りません。
30年のキャリアと年間100万人以上の支援と実績を誇る老舗企業の信頼感は抜群!
■知識も経験も豊富なエージェントたちの“傾聴の姿勢”がまず、安心感を与えてくれます。
■お話・希望を聴いて、的確なアドバイスをしつつ、そのドクターに相応しい病院を紹介します。
  ――相手を包み込むような姿勢は余裕と自信、そしてプライドまで感じさせてくれます。


>>>公式申し込みページへ進む

>> 2位以降のランキングはこちらから <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2013 医師求人転職.jp【※人気の求人サイトをご紹介!】 All Rights Reserved.